鍼灸

 

800-500_o-ACUPUNCTURE-facebook

はり・灸

 

<こんな方におすすめ>

・肩こり,腰痛,腱鞘炎などの体のコリや痛みをしっかり治したい

・疲れてくると頭痛がする

・冷え性,生理不順,膀胱炎などのマイナートラブルを抱えている

・妊娠中or授乳中なのでなるべく薬に頼りたくない

・・・

 

 

髪の毛ほどの極めて細く、柔らかい針を使用して患部やツボを刺激して治療していきます。

 

鍼はもともと東洋医学における治療手段の一つですが、その効果の高さから現在では世界中で広く親しまれており、WHO(世界保健機関)では肩こりや腰痛などの不調から、胃炎,リウマチ,膀胱炎,メニエール病,頭痛,自律神経失調症,生理不順そのほか何十もの疾患に効果があると認めています。

 

前述の通りとても細い針を使用するので、痛みを感じることはほとんどありません。また、針は使い捨てですので衛生面も安心です。

 

はりはなぜ効果があるのか?という問いに対して、西洋医学とと東洋医学では回答が少々変わってきます。

 

体のコリを例に見てみると、前者は鍼を刺すことで筋肉の緊張が緩む(=コリが取れる)、後者ではコリのある部分の気の巡りをよくすることで症状が改善される(様々な学派流派がありますので、あくまでも一例です)、と考えられています。

 

とはいえ、東洋医学も西洋医学も言い方や観点、アプローチが違うだけで、本質は同じであるというのが私個人の体感です。。そのためナタリーではどちらに偏ることのない治療を行っています。

 

一般的に、はり治療は痛みの強い症状、お灸は慢性的な症状に効くと言われています。冷えがちな女性にお灸は特におすすめです。