600-400_300dpi_acupuncture-alternative-aroma-aromatherapy-bottle

これでOK!東洋医学で大切なたったひとつのこと【前編】

Posted on Posted in TOPICS, 東洋医学の基礎
Pocket

 

こんにちは。東京・託児つき出張鍼灸アロママッサージ、ナタリーのアマノです
 
 
前回、本当にキレイな人は自分本来の美しさを引き出すのが上手で、その考え方は東洋医学に共通するものがあるというお話をしました。
 
 
ではいよいよ、東洋医学ってそもそも何?というお話をしますね。
 
 
簡単に言うと、
 
 
昔の中国で生まれた「中医学」をもとに、アジア各国で発展していった医学のこと。
 
 
ちなみに「漢方」って中国のものではないんですよ。
 
 
「漢」の「方」からやってきたものから、漢方。どこにやってきたかといえば、日本はたです。
 
 
中医学をベースに、鎖国中の日本で独自の発展を遂げた日本の医学なんですね。
 
 
「東洋医学=アジア各国の医学の総称」ではありますが、実際は「中国と日本で発展してきた医学」というニュアンスで使われることが多いです。
 
 
なのでこのブログでもそれにならってお話を進めていきますね。(私が他の国々の医学までお話できるほど詳しくないというのもあるのですが。。)
 
 
さて、そんな東洋医学。
 
 
昔の中国の人たちは自然と共に生き、自然を観察する中で、あるひとつの法則を見つけました。
 
 
それは、
 
 
世の中のすべてのものは陰と陽に分けられる。
 
 
というもの。
 
 
いん と よう 、、、
 
 
ピンとこないですよね。
 
 
でも、これが東洋医学の全てです。といっても過言ではないほどに大切な考え方。
 
 
すべての東洋医学の理論は、この陰陽の考え方がベースになっています。
 
 
とはいえ、その中身はとってもシンプルなので構えなくて大丈夫。
 
 
とりあえず今日はこのことばだけ、なんとなく覚えてもらえたらと思います。
 
 

=================

託児サービスつき

訪問鍼灸アロママッサージ ナタリー

10:0020:00 不定休

http://nutury.com

=================

 
Pocket